ANAマイレージクラブとは何か?

学生カードでもマイレージカードは人気があります。

ANAマイレージクラブ(AMC)は、全日本空輸 (ANA) グループが提供するマイレージサービスです。
会員数は約2,300万人と、日本国内では日本航空のマイレージサービスであるJALマイレージバンクに次ぐ数を有します。

ANAマイレージクラブの大きな特徴はチケットレスで搭乗手続きが行える通称SKIPサー
ビスにあります。
SKIPサービスとは、予約時に事前座席指定を行うだけで、搭乗当日は予約時に表示される
QRコードかEdy搭載のマイレージクラブのカードを搭乗口の自動改札機に通すだけで、
チェックイン済みの搭乗券を受け取り搭乗する事が出来るサービスです。

マイルを貯める目的でカードを作るにあたって
年会費を抑える点でANAマイレージクラブカードが有効です。
ANAマイレージクラブカードはクレジット機能無しのカードです。
ANAが電子マネーEdyの運営の事業出資をしていた関係上、
Edy搭載のANAマイレージクラブカードのマイル還元率が200円/マイルと高いことが特徴です。
勿論、Edy非搭載のカードを発行することも可能ですが、お得にマイルを貯めたいのなら
ば、Edy搭載のカードを作る事をお勧めします。

さらに、日常の買い物でマイルを貯めるとすれば、
マイレージ機能の上にクレジット機能のついているのがANAカードがお勧めです。
ANAカードは初年度年会費無料、2年目以降は有料です。
しかし条件によって年会費割引特典があるのがJALカードとの違いです。利用額に
応じてお得に維持ができる仕組みになっているのが利点です。

交換ポイント先としてはTポイントが好条件ですが、
その他のポイント交換先の多さも魅力です。

一万マイルの交換可能な主な提携先を上げると
楽天Edy、
楽天スーパーポイント、
Suica
Tポイント
タカシマカード
ヤマダポイント
スターバックスカード
iTunesギフトコード
など、20種以上をほこります。

それぞれの特徴を踏まえ、尚且つ自分が良く利用する航路を扱う航空会社をリサーチした
上で マイレージカードを選ぶ事がマイルを効率よく貯め、利用する近道です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ