学生カードで貯まったマイルを交換して使うおすすめ方法

学生クレジットカードで貯まった
マイルの使い方として、無料航空券以外で一番ポピュラーなの
提携ポイント会社への移行です。

クレジット機能付きのマイレージカードを利用する場合はそれとは別に
クレジット会社独自のポイント移行システムがありますが、

今回は一般的なマイレージカードでポイントを交換をする場合のみの説明を
行います。

まず、基本として、どのポイントでも統一したマイル単価が設定されています。
単価としては、1円/マイルとなっています。

無料航空券での還元率より低い設定で、一見お得感が薄く感じるかもしれませんが、
多くの種類のポイントや電子マネーに交換できるため、利便性に富んでいるのが
マイルを交換する方法として人気の理由です。

通常ポイント移行は1万マイルから交換する事が出来ます。

各航空会社で提携しているポイントが異なるため、
ここでANAとJAL、各社のポイント交換が可能な提携先を紹介します。

ANA・・・

楽天Edy、
To Me CARDメトロポイント
Suica、
楽天スーパーポイント
Tポイント
nanacoポイント
タカシマカード《ゴールド》
スターバックスカード
iTunesギフトコード

など22社

一方JALの場合・・・
Suica
TOKYUポイント
小田急ポイント
ローソンPontaポイント
JTBトラベルポイント
ビックポイント
PiTaPaショップdeポイント
nimocaポイント
など10社

比較してみると、ANAの提携先の多さが目立ちます。
ですが、個々のライフスタイルに応じて利用頻度の高い
ポイントサービ少ないが提携する航空会社のマイレージを
貯めることが一番利用価値があるといえます。

なお、マイルをポイントに交換する際に注意したいの年間の交換マイルに制限があるとい
う点です。

ANAは同一年度の交換マイル数が3万マイルを越した場合、交換レートはが10,000マイ
ル→5,000円相当にダウンします。
JALの場合、年間交換上限が定められており、上限が2万マイルとなっています。

この様に、ポイントへの交換は
旅行する機会の少ない人には、無駄なくマイルを消化する方法として有効であるといえる
でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ