学生マイレージカード おすすめの選び方

国内外、各航空会社のマイレージカードが多数存在します。
ですが、マイルが貯まらなければマイレージカードの意味が
ありません。どの会社のマイレージカードを作れば良いのか?
マイレージカードの選び方には、大きく分けて3つのポイントがあります。

まず第一に、各航空会社の渡航路線を知ることがポイントです。
自分がよく利用する渡航先に路線を持っているかどうか。そのその路線は自社運航なのか
否かが重要なチェック項目です。

また、航空会社がどのアライアンスに加盟しているかも焦点となります。
アライアンスとは、国内外航空会社間の同盟関係をあらわし、主なアライアンスは
スターアライアンス(ANA加盟)ワールドワン(JAL加盟)があります。

同アライアンスに加盟している航空会社間で
マイル加算や特典航空券交換を相互利用出来るのが魅力です。

ですが、同アライアンスでのフライト利用はお互いの提携関係が希薄であると
自社運航便に比べてマイル加算率が低く、
無料航空券に必要なマイル数が割高、
アップグレード特典の適用対象外
といったマイナス面がある場合もあるため注意が必要です。

もし、海外の渡航が多く、アライアンスも選べるといった条件ならば、
提携関係が蜜で、マイル積算率が同等レベルのアライアンスをお勧めします。

次のポイントとして、マイルの貯めやすさが挙げられます。
マイレージを効率よく貯めるには、
フライトのマイル積算率やマイルの有効期限、
飛行機に乗る以外でマイルが貯まる提携店の数、
クレジット機能付きのマイレージカードならば
ポイントをマイルに移行できるかどうか

と言った点に重点をおいてカードを選びましょう。

3つ目のポイントとして、貯まったマイルが効率よく利用できるかどうかも重要です。

実はマイルは貯めるよりも利用する方が難しいとよく耳にします。
無料で航空券をゲットしたいならマイルは最低1万マイルは貯めなくてはなりません。

マイル必要数は1000マイル単位で端数切り捨ての場合が多く、
加えて国内大手航空会社のJALとANAのマイル有効期限は3年ですから、
有効期限が過ぎてしまえばせっかくコツコツ貯めたマイルが無駄になる事もあります。

その点、国外の航空会社には、2年の間に一回でもフライトを利用すれば
マイルの有効期限を延長する事ができる会社もあります。

海外旅行が好きな方なら、国外のマイレージカードを作り、国内線は
日本国内の同アライアンス先を利用すると言った裏ワザもあります。

また、少ないマイル数でも航空会社運営の通販でのショッピングに利用できる
サービスもあるため、各社の特性を知った上で賢くマイルを使いたいものです。

上記の3つのポイント踏まえ、賢くマイレージカードを選びましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ