学生クレジットカードを強制退会されるケースとは

学生クレジットカードの強制退会とは、
何らかの理由によりカード会社との契約が打ち切られ、
今後一切そのカードを利用できなくなることをいいます。

強制退会させられるケースとはどのようなことをいうのでしょうか?

日常の買い物やキャッシングの利用で、支払いもきちんとしていれば
強制退会させられることはまずありません。

学生・大学生クレジットカード会社に不利益なことをした場合のみ
強制退会させられます。

たとえば、クレジットカードの利用代金を支払わない。
というケースが一番代表的です。

借金を抱えて、利用代金を支払えないなど
利用者にも様々な事情があるかと思いますが、
そこはクレジットカード会社も慈善事業ではないため
これ以上自社の損害を拡大させないためにも
利用代金を支払わない顧客は退会させるのです。

また、支払いはするけれども毎回決められた支払い期日よりも
遅れて支払う場合も強制退会の対象になります。

「多少遅れてもきっちり支払ってるんだから大丈夫では?」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
クレジットカード会社からすればそのような顧客は
「信用できない」「いつも金欠なのでは?」などと
判断されるため契約打ち切りとなります。

そもそもクレジットカードとは、
カード会社が顧客の年収などを調べて、
「信用できる」と判断した場合にカードを契約するものなので、
その信用がなくなる行為をすれば
即退会ということになってしまうのです。

また、強制退会とまではいかなくても何度か支払い期日までに支払わなかった人は
学生カードの更新をしてもらえない場合もあるので注意してください。

強制退会させられた人は、個人情報が残り、
別会社のカードも新しくつくれなくなってしまうこともあります。

必ず決められた期日までには、引き落とし口座の残高を確認し、
不足がないように注意してください。

たかが支払いですが、クレジットカードの支払いは
あなたの信用にかかわるとても重要なことなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ