クレジットカードを強制退会させられるケース 2

学生クレジットカードを強制退会させられるのは
クレジットカード会社に対して
不利益なことをした場合です。

また、信用を裏切るような行為をした場合にも
退会手続きがとられてしまい、
今後一切そのカードの利用が出来なくなります。

支払いをしない、支払いが毎回遅れるといったケースが
強制退会させられるもっとも代表的なものですが、
その他にもありますのでご紹介します。

それは、クレジットカードの現金化といわれるものです。

クレジットカードのキャッシング枠が限度額を超えてしまい、
これ以上キャッシング出来ない場合、
本来現金化出来ないショッピング枠を使って
換金する行為です。

急に現金が必要になって困ったとしても
この行為をするのは辞めてください。

カード会社は換金目的のクレジットカード利用を
認めていないため、
この行為が発覚した場合、
即刻強制退会させられてしまいます。

また、支払いが遅れるなどして強制退会させられる場合と違い、
支払い残高を一括で請求されることもありますので注意が必要です。

これと同様に、換金が比較的簡単な新幹線や航空券などのチケットを
学生クレジットカードで大量購入してそれを転売し現金を得る方法も、
カード会社からの信用を失い強制退会の対象になります。

キャッシング枠の限度額がいっぱい人がこの行為をすると、
「購入したチケットを現金化するのでは?」と
カード会社に気付かれてしまい、電話が入ることもあります。

クレジットカード会社にとって
不利益な行為はすべて強制退会の対象になると考えて間違いありません。

インターネットなどでは、
もっと気付かれにくいように巧妙化した
ポイントの不正取得方法やカードの現金化方法が
紹介されていますが決して行わないようにしてください。

これらの行為はすべて利用規約違反であり、
カードを契約する場合にもきちんと契約書に明文化されています。
なので、強制退会させられても何も文句をつけられません。

一度退会させられると、信用が傷つき
新たなカードをつくることが困難になり、
大変な不便をこうむることになりますので
こういった行為はくれぐれもしないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ