学生・大学生クレジットカードを発行するための条件

クレジットカードはすべての人に発行され、
すべての人が利用できるわけではありません。

発行され、利用するにはいくつかの条件があります。

クレジットカードは発行されるまでに審査があるのです。

まず、現在無職の方はクレジット—カードを作ることができません。
保護者が働いている18歳以上の学生や、配偶者が働いている主婦の方は
つくることができますが、それ以外で無職の人はまず無理でしょう。

職業は特に問われませんがアルバイトやフリーであるよりは
正社員としてきちんと会社に勤めている方の方がカードをつくりやすくなります。

また、学生・大学生クレジットカードは発行されやすいです。
学生・大学生というだけで審査は通りやすくなります。

例外として毎月決まった額の不動産収入や年金が入る方は
るくれる場合があります。

年収はまったく同じでも、
ある月にまとまったお金が入ってくるけれどその次の月は収入がないといったケースよりも
毎月決められた金額の収入があるケースの方がつくりやすくなります。

また、カードの発行には年齢制限があります。
18歳以上でないと作ることができません。
また、18歳以上であっても高校生の場合はつくれません。

クレジットカード会社は、契約者を信用してカードを発行するので、
住所不定の方や、電話がない方はまずカードはつくってもらえないでしょう。

高額の買い物をした場合や、支払いが遅れた場合など、
カード会社から契約者に電話連絡があることがありますので、
つながりやすい番号を伝えておく必要があります。

何度連絡しても電話に出ない場合などは「信用出来ない」として、
カードの強制退会や、更新しないなどの対象になることもあります。

また電話に出ないと、あらかじめ契約の際に伝えた
勤務先に連絡が来ることもありますので注意してください。

クレジットカードを発行するには、
一定の収入がある
18歳以上である
きちんと家に住んで、電話を所持している
などが最低条件となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ