学生・大学生クレジットカード審査における属性って?

学生・大学生クレジットカードの入会審査の際に属性という言葉が用いられます。

属性とはどういった意味なのでしょうか?

属性とは申込者の職業や年齢、年収などといった個人情報のことをいいます。

高年収で毎月決まった収入があり、勤続年数が長い人は属性が高い、
一方低年収で決まった職業に就かず、正社員ではなくアルバイトとして働いているような人は属性が低い
と言われます。

「属性」とは専門用語なのでわかりづらいのですが、
属性という言葉を「ステータス」に置き換えれば
わかりやすくなるでしょう。

ステータスが高い人は属性が高く、
ステータスが低い人は属性も低い
ということです。

年収が高いだけではなく毎月一定の給料が入ってくる
ということが重要になることも多く、

今ものすごく稼いでいるけど来年はどんな状況になっているかわからない人より、
給料はあまり高くないけれど安定した職業(たとえば公務員など)
に就いている人のほうが属性が高いと判断される場合もあります。

わかりやすく年収や職業で属性という言葉を説明しましたが、
属性の高い、低いの判断はこれらの事柄だけではなく、
申込者の様々な情報を加味して判断されるようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ